太りやすい女性・応援隊TOP > 太りやすい人がすべき事とは?

太りやすい人が最初にすべき事って?

太りやすい人は、体内環境がかなり悪化しています。

もともと運動不足のために筋肉量が少なかったり、いろいろなダイエットでリバウンドを繰り返してきたために内臓が弱っています。そのため血行が悪くなり、冷え性や低体温を起こしています。これでは脂肪はあまり分解しませんし、当然燃焼させることは困難になります。

そこで太りやすい人が痩せやすい体質になるには、まずはどうしたらよいのでしょうか?それは栄養バランスの取れた食事を、1日3回しっかりと摂取することです。しかも食べ過ぎては肥満を助長するだけなので、うまく食欲抑制できる食べ方を知る必要があります。もちろん同時に、無理のない運動を始めれば、なおいいでしょう。

太りやすい人の体質を変えるには、まずは栄養バランスです。人間が健康的に生きていくためには7大栄養素が必要不可欠です。糖質、脂質、タンパク質の3大栄養素に加え、ビタミン、ミネラルの微量栄養素で5大栄養素ですね。さらに食物繊維と水が加わって、7大栄養素となります。あなたは、この7つの成分を、ひとつも欠けることなく摂れているでしょうか?

カルシウムが欠けるだけで、脂肪分解酵素のリパーゼが働きづらくなって、脂肪が分解されづらくなります。しかしたとえカルシウムを牛乳や小魚などから摂取していても、レトルト食品やカップラーメンばかり食べていると、リンが小腸からのカルシウムの吸収を阻害してしまいます。

そのほかいくらカルシウムを摂取しても、マグネシウムやビタミンDが足りないと、この場合もカルシウムの吸収率が悪くなります。生理が不順であれば、女性ホルモンのエストロゲンの分泌不良を招き、カルシウムをうまく吸収できなくなり、骨がもろくなります。このように7大栄養素を摂ることは、カルシウム1つ取っても、注意しないと栄養不足になる危険があります。

太りやすい人は、まず栄養のないスナック菓子やカップラーメンを少なくすることから始めましょう。そして、その分、栄養が豊富な1日3食の食事を摂るのです。もし栄養満点のダイエットレシピを作れず、栄養不足が心配なら、ダイエットサプリメントを利用しましょう。小林製薬などから、いろいろなサプリメントが出ていますね。

とりあえずはマルチビタミンとマルチミネラルを摂っておけば十分ではないでしょうか?もし金銭的な余裕があれば、それに加えて、コエンザイムQ10(CoQ10)、L−カルニチン、アルファリポ酸の錠剤を飲んでおけばよいでしょう。あとは、あえて言えば鉄分や亜鉛といったところでしょうか。

太りやすい人にとって、栄養バランスの次に大切なことは、時間をかけてゆっくりと食べるということです。よく噛んで食べれば、血糖値が速やかに上昇し、レプチンが満腹中枢を刺激します。すると食べ過ぎる前に箸をおくことができるようになります。

そのほか咀嚼することによって、二つの神経伝達物質が、あなたの満腹中枢を優位にしてくれます。脳幹からはセロトニンが分泌され、視床下部後部からはヒスタミンが分泌されます。ですから、よく噛まないで食べる女性は、満腹中枢が働きづらいので、食べ過ぎることになるのです。

太りやすい人は、食物繊維や緑茶を利用することをオススメします。食物繊維には、水溶性と不溶性があります。水溶性は文字通り水分を含むタイプで、不溶性は水分を抱え込まない性質があります。ダイエットのためには水溶性食物繊維を特にオススメします。緑茶のカテキンには、これと似たような効果があります。

太りやすい人が寒天や昆布、納豆などの水溶性食物繊維を摂取すれば、小腸内で余分な脂質(脂肪分やコレステロール)を吸着してくれます。小腸内では水分を吸ってゲル状になるために、そのなかに脂肪分を吸収してくれるのです。しかも、小腸壁から吸収されることなく、そのまま排泄してくれます。これは摂取カロリーの減少につながっていきます。無理に食事制限をしなくても、小腸からの吸収を阻害するという考え方です。

ただし昆布などを食べ過ぎると、甲状腺機能障害を引き起こす危険も伴いますので、食べすぎには注意しましょう。納豆には水溶性と不溶性が1:2の割合で含まれています。両方とも便秘の解消に役立つので、便秘がちな女性は、ぜひ納豆を利用してみたらよいと思います。

納豆には、女性ホルモンを補完する大豆イソフラボンも含まれているので、生理不順や生理痛、PMS(月経前症候群)の改善にも役立ちます。多すぎる女性ホルモンを調整する作用もあるので、乳がんの予防にもなります。

太りやすい人は、このように、まずは栄養バランスを整え、1日3食をしっかり摂ることです。3時は太りにくい時間帯なので、このときに甘い洋菓子やスウィーツを食べてもよいでしょう。ストレスはダイエットの大敵だからです。

こうして食生活を調整したうえで、筋トレや有酸素運動を行なっていきます。そうすれば筋肉の材料(アミノ酸)が得られて、筋肉が付きやすくなります。また1日3食摂ることによって体が飢餓状態にならないので、有酸素運動をするほどに脂肪が分解・燃焼しやすくなります。ただしストレスを掛けない運動法をしていきましょう。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)
どうしても痩せない場合はどうする?

太りやすい体質を改善するのは筋トレ!

太りやすい体質を改善するためには、筋肉をつけるしかありません。もちろん大前提として、しっかり3度の食事を摂り、栄養バランスを整えることが絶対条件です。なぜならいくら筋トレに励んでも...

過激なダイエットは失敗の元

過激なダイエットというと、低炭水化物ダイエットとかケトン体ダイエットのように、炭水化物(糖質)を極端に制限するような方法でしょう。あるいは朝食を抜く朝抜きダイエットや、1日2食の食...

ダイエットの挫折・失敗からの脱出法

ダイエットに挫折することは、誰にでも一度はあるのではないでしょうか?今まで食事制限や運動に一生懸命頑張ってきた女性ほど、そのあとの反動は大きいものです。たとえば炭水化物抜き...

ダイエットはバランスが大事

ダイエットはバランスよく行うことが、とても大切です。太りやすい女性の特徴として、非常にバランスの悪いダイエットを行なっているということがあります。たとえば食事制限だけ、ある...

太もも痩せの方法とは?

太もも痩せの方法は可能なのでしょうか?結論から言うと、もちろん可能です。太ももがぶっとくなるのは、女性に多い特徴といえます。男性の場合は、内臓脂肪にまず付くので、お腹が膨れたりんご...

痩せる食べ物には何がある?

痩せる食べ物というと、皆さんは何を想像しますか?食べるだけで痩せる食品があるとすれば、それだけで太りやすい体質を返上して、ダイエットで成功できそうに思えます。結論から言うと...

生理前のダイエットは緩やかに

生理前のダイエットは、気をつけなければいけません。女性は、平均して28日周期で生理(月経)があります。これは男性にはないことです。そのなかで太りやすい時期と痩せやすい時期が交互にや...

ダイエットはストレスフリーで

ダイエットはストレスをかけないほうが、成功の確率が高くなります。ところが世の中の多くの女性は、好んでストレスを掛けているように思えてなりません。ダイエットでストレスをかける...